ペット保険

今日は、うちのワンコとにゃんこの覚え書きのための記事です。

今まで我が家は、超多頭飼いのため、ペット保険に加入したことがありませんでした。

と言っても、過去には何度か、ペット保険について調べたことはありましたし、
何社かの資料を取り寄せたことも、あったのですよね。

正直なところ、うちの動物たちの健康面については、過信しすぎるほど健康と信じていましたし、
特に子供組のかいぽんやもこもこに関しては、今も健康そのもの!と思っています(^^;
そのことと、各社の年間に払う保険料を見比べると、
その分自前のペット貯金をした方がいいよね〜という考えに落ち着いてきたのでした。


ピクニックで、いつも元気な子供組のかいぽんともこもこ   

しかし、ここのところ、かけるんの病気のこと、
ホーリィちゃんやコウタロウくんの高額な医療費のことを知り、
あらためてペット保険について、調べてみたところ・・・

以前に調べたものよりも、リーズナブルな保険がいくつか出てきていることがわかりました。

で・・・
つい・・・
勢いで・・・

我が家の犬たち4頭と、猫さん1匹、なんと全員、ペット保険に加入しちゃいました!

今回参考にしたサイトは、ペット保険比較ランキング

そして選んだ保険は、アイペット ペット保険「うちの子ライト」です。

最初は将来的に金額の上がりの少ないものや、通院にも保険が効くものにしようと思ったのですが、
うちの場合、保険のお世話になる確率の低い、若い子供組の保険料が安いということ、
高額になる医療費は、手術を伴うものが多いことを考慮しました。

ただこちらの保険は、手術を伴う医療費だけに適用されるもので、
通院のみでの医療費には適用されません。

手術を伴う医療費には、入院10日間までの枠がありますが、90%の補償が受けられます。
ただ、補償金額についても上限があり、
手術と入院での治療に関して、治療費の90%の範囲内で、且つ、1回50万円まで、
最高年2回までの補償ということです。
また、1回3万円以下の手術入院費用に関しては、補償は適用されません。

一応お得な面としては、インターネット申し込み割引、多頭割引、無事故継続割引があり、
自分のペットが、他人、他犬に怪我をさせたり、他の物品を壊してしまったときに、
1事故500万円まで補償される、特約があるいうところです。
(うちの危ない犬たちは、特約にも加入しました(^^;)

保険料は、通院補償がある保険の、2/3〜半額、物によっては半額以下ではないかと思います。
(はな 28,520 ちょびぃ 28,520 かい 16,820 もこ 14,020 特約 1,460×4
 ちゃむ 18,600 計 112,320


ピクニックで、おやつに夢中なイナズマ組   

実はけっこう勢いで加入してしまったので、
本当にこの保険で良かったのか、あるいは通院まで補償される保険にするべきだったのか、
こうやって覚え書きとしての記事を書くうちに、もしや早まった?と思うところも。。。

でも、他の保険だと、高いものでは年間20万円近く払うことになり、
5年で100万円?大抵は年齢とともに保険料も上がるから、それ以上かもです。
実際の医療費がそこまでかかるかは。。。
多頭の飼い主が、ペット保険に入ることをためらうのは、そんな理由からだったりしませんか?

3頭でいくら、5頭でいくら、年齢に関しても全頭を足した年齢で分けたりして、
で、どのコが病気になっても使える、もう少しリーズナブルな保険ができるといいなって、
思うのですが・・・


blogmura_corgi16.gif blogmura_satooya9.gif


↑ 昨日は桃美ちゃんに会いに行ってきました〜! 次回はももみん満載で♪



応援中〜ホーリィちゃん

先日の日曜日に、かけるんの様子を見に病院へ押しかけた私とチチ。
前日夜に、ピノホリママさんも、ホーリィちゃんのことで病院に来るお話を伺っていたので、
一緒にお会いすることができました。

しかしその後、ホーリィちゃんの緊急を要する状態に、
整形専門の別の病院で診てもらうことになり・・・
・・・などの詳しい経緯はピノホリママさんのブログにて。

ももみん保護主のカコさんから、近辺の病院の情報をいろいろと教えていただいていたので、
とっても助かりました!カコさん、ありがとうございます。

Holy1.jpg

病院の待合室にて。

ホーリィちゃん、緊急手術になってと〜っても大変だったでしょうが、
一刻を争う決断をしてもらって、ママさんに感謝だね。

ピノホリママさんのブログには書かれていませんが、MRIってすっごく高額なのにビックリでした!
こちらを参考にしていただければ。
他に検査費用やらなにやらで、手術前の時点でも相当の額がかかったことと思います。

もちろん、愛犬の命はお金には換えられないものですが、
短足族にはよく聞く病気のひとつでもある、椎間板ヘルニアについて、
あまり知識がなかった私・・・
時間が勝負なこと、医療費も相当額かかるということ、あらためて勉強になりました。

昨夜ママさんから、ホーリィちゃんが自分の足で立ち上がることが出来たという、
嬉しいご連絡をいただきました。
ママさん、お気遣いありがとうございます。
まだまだ大変だろうけれど、ホーリィちゃん、本当に良かったね!



オーストラリアン・シェパードのバディくん

本日2本目の記事です。

佳凜ちゃんの正式譲渡のお申し出と同じ日に、かげ・こじ・ちゃちゃハハさんより、
メールをいただきました。

かげ・こじ・ちゃちゃハハさんは、コーギーの景虎くん、シェルティの虎侍郎くん、
オゥシーの茶々姫ちゃんの飼い主さんで、
以前、秋田犬のナナちゃんのことで、メールをいただいた方です。

ブログを開設されていないハハさんに代わって、ご了解の元、公開させていただきます。

ごぶさたしています。
皆様のブログは、一日もかかさず読ませていただいていました。

うちは・・というと、
この2年間お隣で飼われていたオーストラリアン・シェパードの事で、
犬にとって「どういう飼われかたが幸せなのか」と思い悩み、
身動きがとれない状態でした。
長くなりますが、バディの話を聞いて下さいますか?

2年程前、お隣で飼っていたワンちゃんが亡くなり、
「寂しいので、成犬を譲ってくれるところはないか」と尋ねられ、
茶々姫のブリーダーさんからレッド・トライの3歳弱の男の子を譲ってもらいました。

初めのうちは、散歩に連れて行っては
「珍しい犬種なのよ」と自慢していたようですが、
だんだん敷地に放し飼いであまり構っている様子もなく。
夜は所有されているマンションに行ってしまうので、
夕方から翌日の昼前までは広い庭に一匹だけ、
うちとの間のフェンスの前で、ずっと~ずーっとお地蔵さんのように座り、
うちの三匹をじっと見ていました。

そのうち、昼間も隣人を見かけない日が増え、
バディのご飯が心配になって(良くない事ですが)
フェンスを乗り越えて見に行きました。

お水は井戸からずっと大きなバケツに流してあるのでよかったのですが、
倉庫の中に山盛りのドッグフード。ねずみがチョロチョロ。
そんなご飯食べませんよね!

痩せて毛艶が悪くなっていく様子を見かねて、
朝・夕とフェンスを超えてご飯をあげに行っていました。
撫でると手が臭くなり、どれくらい洗っていないのか?
まさか?予防注射は?フィラリアの予防は?

持て余しているならと
「このコを欲しがっている人がいるので、譲ってくれないか」と尋ねてみれば、
「いや~可愛がっているからダメだよ」と言う返事。

犬を可愛がるってどういう事か?うちの飼い方は正しいのか?
うちは月に3~4回シャンプーするのですが、洗いすぎと言われる事も多く。
人間との生活に順応させつつ、犬らしく暮らせているだろうか・・。
皆さんが不幸な犬を一匹でも多く救おうと頑張っている時に、
何が何だかわからなくなって、お手伝いの手も上げられずにいました。

昨年10月、隣の家が売れたと聞き交渉すると、
わりとあっさり譲ってもらえたのですが、
やはり病気の予防は一切してもらっていませんでした。
絡みついた毛を抜きつつ半日かけてシャンプーし、
大きなダニを取り除いて病院に連れて行くと、フィラリア強陽性。
3回入院させ、ミクロフィラリアを落とし、
狂犬病も混合ワクチンも済ませる事ができました。

お金もかかりましたが、
この2年間すっと胸に引っかかっていたものが、スッと取れた気がしました。
(後から考えたら、ただの自己満足でしたが・・)

でも、どこかで伝えられないかと思う事があるんです。
「犬を飼うって、お金がかかるんですヨ!」
「それなりにお金を掛けられないなら、飼うな!」
お隣さん大きな会社の社長さんで、うちなんかより遥かに裕福なんですけどね・・。

隣ではおとなしかったバディですが、うちに来てオゥシーの本領を発揮!
明るくて、甘えんぼで、トイレも一日で覚えたおりこうさん。
ガリガリの痩せっぽちにも肉が付きはじめ、金色の毛をなびかせて走る!走る!
ドッグランでも人気者で、たくさんの人に可愛がってもらいました。
うちの景虎が仕切って、4頭でしっかり群れをなしていました。

ただ、すっごく甘ったれなのに、
自分が一番下っ端と認識して遠慮しているのが可愛そうで、
里親さんを探していたところ、とてもいいお話が来ました。
千葉県勝浦市のホテル里杏で、看板犬見習いとして雇ってもらえる事になったんです。
人も犬も大好きな甘ったれちゃんには最高の犬人生だと思い、
寂しい気持ちを抑えて送り出しました。

バディはドッグカフェのブログにも凛々しい姿をアップしてもらい、
私もやっと気持ちが落ち着き、
「何かお手伝いができますか?」とメールをしようと思っていた矢先、
里杏の支配人さまから電話が入りました。
「バディが逝ってしまったんですよ。散歩から帰ってロビーで倒れて・・」と。

今日、里杏で過ごした2週間の様子がブログにアップされていて・・。
楽しい・嬉しい・大好きで過ごした最後の2週間・・。
良かったねバディ・・。ごめんねバディ。涙が止まらないんですよ。

主人も訃報を聞いて以来、あまり眠れないようです。
私より落ち込んでいるかもしれません。
あの時こうしていればとか、無理にでも引き取っていればとか・・。

犬の人生って、本当に人間に左右され、振り回されてしまうのですね。
やっと・・やっと・・安心して、幸せに暮らせるお家が見つかったのに・・。

この2年間で、生き物を飼うことの責任とか愛情とか・・、
個人個人の考えや、感情の温度差・認識の違いをすごく感じました。
説明してもわかってもらえない事も・・。

お忙しいのに、長いメールを読んで頂き申し訳ありません。
もう少し、気持ちや頭の整理ができたら、何かお手伝いできないかと考えています。
景虎・虎侍・茶々姫はとても元気に過ごしています。


バディの最後の二週間・・幸せだった二週間の姿を、沢山の方に見ていただければ・・
本当に幸せそうなんですよ、バディ。

バディは多分、フィラリアによる心臓発作ではなかったかと思われます。

イナズマ組のブログを見ていらっしゃる方は、
病気の予防が大切だという事を、皆さんわかっていらっしゃると思いますが、
犬を飼ううえで最低限の事をしてもらえなっかった為に、
これからの幸せまで奪われてしまったコがいた事を、知っていただけたらと思います。


バディくんのご冥福をお祈りいたします・・・
最期は幸せな日々を送れたことが、なによりだと思います。。。

私など、今のワンコで手いっぱいになっている根性なしです。
すぐ休むことを考えちゃうし・・・

中途半端な状態で譲渡してしまったことも、いっぱいあるし・・・るんるん。

そんな私に代わって、かげ・こじ・ちゃちゃハハさんへ、励ましのコメントを!
一方通行になっても気になさらない方、よろしくお願いいたします。

お返事はなしでいきますので、ハハさんも読んで元気を出してくださいませ。



べるちゃん

以前オフ会でお会いした、べるたままさんの愛犬のべるちゃんが、虹の橋に旅立ったそうです・・・
悪性の腫瘍が、肝臓や肺全体に転移してしまったそうで・・・

べるちゃんは私たちがちょびぃ君を迎える前、とても気になっていた保護犬コーギーちゃんでした。
ちばわんさんの里親会まで見にいったりして・・・

その後、ちょびぃ君のことを月さんの頃から見ていたべるたままさんより、
このブログにコメントをいただいたことがきっかけで、オフ会でお会いしたりしてね。

私がブログにアップしていいものか迷ったのですが、
ブログを開設していないままさんということと、
今回のオフ会メンバーに、名前を入れさせていただいたりしたので・・・

ままさんがメールで、
「ブログのオフ会の告知は「励み」となっていました!調子を取り戻して行けたら・・、って。」
と言ってくださっていたのですが・・・

beruta1.jpg
オフ会で会ったときのべるちゃん。と〜っても美人なコーギーちゃんなんですよ。


beruta2.jpg
べるたままさんより           

べるちゃん・・・本名 べるたちゃん 9歳 10月10日に虹の橋へ 


べるちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

コメント欄は閉じるつもりだったのですが、
べるちゃんや、べるたままさんへのメッセージを入れてくださる場所として、開けることにしますね。


3 / 41234