春の健康診断結果

ちょびぃたん、元々歩みが遅いのは年齢のせいだと思っていましたが、

ここのところの歩みが急激に遅くなり、段差10cmの上り下りが厳しくなってきて、

また心配になってきた頃、

春の健康診断一式+狂犬病予防接種を受けに、姐御さんと昨年も受けた区内の病院へ。

 

 

3月の入院時から体重も1kg減っていたし、血液検査の数値もさらに下がっていることがわかり、

重度の貧血との診断が・・・

赤血球 226(555~1000)ヘモグロビン 6.1(14.4~18.8)PCV 18%(40~55)CRP 10(0~1)

PCVが20%を切ると輸血ということは聞いていて、ちょびぃたんも勧められたのですが、

この病院では対応できないとのことで、、、

ただエコーは問題なかったので、まだ病名のつくような貧血ではないと思っていました。

 

ちなみにうちの他のコたちも健康診断一式をお願いして、

姐御さんが肝臓の数値がちょっと高いくらいで、ほぼ健康(さすが^^)

もこちゃんは完璧健康でしたが、歯石がひどく、歯石除去を5/17に実施。

かいぽんも健診結果は問題なしでしたが、やはり歯石がひどいのと、

半年ほど前に首すじに脂肪腫ができて、少しずつ育っていることを相談して、

5/16に歯石除去と脂肪腫切除手術をお願いしました。

(かいぽんの脂肪腫は良性と思っていますが、一応病理検査待ち中です)

 

 

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

 


ちょびぃたん一泊入院検査

翌日、夜間救急のカルテを持って、一昨年健診を受けた区外の病院へ。

 

 

血液検査をしたところ(検査結果表は今の病院に渡してしまった^^;)

赤血球、ヘモグロビン、PCV(25%ーこれだけ覚えていた)がすべて低く、CRPが 7

エコーで脾臓の肥大が認められたため、様子見のため一泊入院に。

 

このとき、自己免疫性溶血性貧血(IMHA)の可能性があると言われたのですが、

翌日、抗生剤投与のみで検査数値全般が(正常値以下ながらも)上がったので、

IMHAの話は消え無事退院となり、ほっと一息したのでした。

 


ちょびぃたん夜間救急へ

2~3日前から呼吸が早い感があり、前日から元気がない様子のちょびぃたん。

夜になってさらに息が荒くなってきて、体温を測ったところ40.3度あり、

歯茎も白っぽく見えるし心配になったので、初めての夜間救急へ。

 

 

いつも車に乗せると爆吠えMaxのちょびぃたんが、行きはバックのピー音でも吠えず。

よほど具合が悪いと思ったのですが、、、

病院に入ったらなんか元気になり、熱も39.3度と言われ、あら?大したことなかったの?と。

結局、明日日中の病院に連れていくことにして、夜間救急の診療カルテをいただいただけで帰宅、

帰りの車では吠えも復活したので大丈夫かな~。。。

 


4 / 41234