コーギーウィリーくん応援中

このブログにコメントをくださる「K.Jさん」は
「むらぽんさん」というHNで保護犬コーギーをお預かりされています。

コーギーくんのお名前は「ウィリーくん」

ウィリーくんが保護されたのは2年以上前、茨城のセンターに収容されていたコです。

以下むらぽんさんのブログ『預かりワンコdiary』より

★☆★ 保護犬 W.コーギー 『ウィリー』 ★☆★

ドッグセイバーズネットワークの保護犬です。

預かりボランティアの我家にて
家庭犬として終生、大事にお預かりしてます。

willy.jpg

【名前】ウィリー 【犬種】W.コーギー 
【年齢】推定10歳以上

●狂犬病・混合ワクチン済み ●血液検査済み ●フィラリア検査済み
●ノミダニ予防済み ●フィラリア予防済み ●駆虫済み ●去勢手術済み

2013年4月、茨城県動物指導センターより保護、
引き出し当時、会陰ヘルニアを引き起こしていました。
会陰ヘルニアの手術時、膀胱にいくつかの腫瘍が見つかり、
移行上皮癌と診断されました。
今後の治療としては、内科治療となります。
抗がん剤治療はせず、症状の緩和を促すお薬を服用していきます。
生活の質の見直しをしながら、病気と闘って行こうと思います。

今現在、とても元気にしています。癌そのものの症状は出ていません。
食欲もあり、ウキウキしながらお散歩し、
毎日家庭犬として犬らしい生活を送っています。

今後も今の状態を少しでも長く続けられるよう、
毎日お薬(「ピロキシカム」非ステロイド系消炎鎮痛薬)を服用しています。
H.26.6.22 投薬中断しました。


現在、K.Jさんことむらぽんさんが所属されている団体、
ドッグセイバーズネットワークさんは、活動を休止しているそうで、
所属犬もウィリーくんだけになっているそうです。

ウィリーくんは、保護時、会陰ヘルニア、しばらくしてから移行上皮癌の診断があり、
自力でうんちを出しきることが厳しく、いつもお手伝いしながらの預かりだったコで、
最初はどこかいい里親さんが見つかればと願っていたそうですが、、、

現在は病気のこともあり、里親募集は中止して、看取り覚悟のお預かりとなっています。

でも、ウィリーくんの生命力って本当にすごいんです!

犬って、たとえ保護犬であっても、こんなにたくましいものなんだって、
現在、病気のワンコを持つ方たちに、希望を持てればいいなあって思います。

ウィリーくんの預かり日記、特に、引取から1年経って振り返った記事
そして今の記事『今を生きる!!』は、ぜひ読んでいただけると嬉しいです(^^)

そしてウィリーくんのさらなる奇跡を祈って!
応援しています!!




こちらの記事は下の記事と一緒にアップしたのですが、
長くなっちゃったのと内容がちょいと違うので、分けて再アップしました<(_ _)>


コーギーウィリーくん応援中” への2件のフィードバック

  1. ウィリー君の日記全て拝見しました。
    始めのほうは胸が詰まり涙なくしてはとても
    読めず、辛くて何度も断念しましたが、、、
    大病を患いながらも日に日に表情が豊かになる
    ウィリー君。
    あたたかい家族と先住犬との生活の中で
    幸せなのが笑顔でわかります。
    ウィリー君の日記を読んで、私も甘ったれてないで
    ブーブー文句言わないで何事も辛抱強く
    頑張らなきゃ!と思いました。
    あとは、これ以上ウィリー君に病気を与えないでと
    神様にお願いしたいです。
    もこちゃん、供血お疲れさまでした。

  2. > リンスキーさん
    ウィリーくんの日記、すべて読んでくださったのですね!
    団体さんが休止中なのと(あ、でもちゃんとフードと医療費はいただいているそうです^^)
    今までもいろいろあって、さらに今回の口元の腫瘍ができてしまったにも拘わらず、
    明るく前向きに「最後まで犬らしく過ごさせてあげたい」という
    むらぽんさんの素敵なお話に、応援記事掲載のお願いをしたのでした(^^)
    シニアワンコの生命力ってスゴイですよねー!
    うちの犬たちも頑張ってもらいたいなーと思います(あ、私も頑張る^^)
    もこは翌日もおとなしくて、散歩もヘロヘロだったのですが、翌々日にはほぼ完全復活でした(^^)
    健康って本当にありがたいことです(^^)

コメントは停止中です。